サブサハラ各国のGDPにおける農業の割合

■GDPにおける農業の割合の推移

サブサハラ各国のGDP上位国における農業の比率を見てみると、南アフリカのように急成長の国では農業比率が劇的に下がり他産業がGDP成長の牽引役になっていることが分かる。一方で人口大国であるナイジェリアは産油国でありながらも、同時に農業の比率が高く2002年までは48.57%を占めており、同国が石油と農業の両方で外貨を稼いでいる様子が伺える。

■GDP規模とGDPにおける農業の割合分布図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>