アフリカ諸国と先進諸国のGDPにおける債務比率

アフリカ各国のGDPにおける債務比率は2000年以降、低下の傾向をたどっておりサブサハラ平均では30.12%まで低下している。これは直近10年のアフリカ経済の目覚しい成長も寄与はしているが、主たる理由としては重債務貧困国(HIPC)イニシアチブに基づく債務救済によるものである。HIPCについては以下のURLを参照いただきたいが、この結果、サブサハラの多くの国々では多大なる債務負担が軽減されて、経済成長に舵を切りやすくなっている。

参考URL:http://www.imf.org/external/np/exr/facts/jpn/hipcj.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>