南アフリカ、拡大するモバイルインターネット

ワールドワイドウォークス(World Wide Worx)が行った調査が南アフリカのモバイルインターネット市場に関するレポートを発表した。レポートによれば、都市部では早くも4割近い人々がモバイルインターネットの利用者になっているようだ。

同レポートによれば、都市部の約39%、農村部の27%の人々がモバイルインターネットを利用している。この調査では「深遠の農村」地域の人々を調査対象から除外してはいるものの、16歳以上の南アフリカの約2000万人が調査対象とされている。つまり、約600万人の人々がすでにモバイルインターネットを利用していることになる。

この成長の中で勝者となったのはMxitだ。モバイルインターネットユーザーの内24%(都市部29%、農村部19%)が利用するソーシャルネットワークサービスだ。フェイスブックが後に次いでおり、ユーザーの22%(都市部30%、農村部13%、つまり都市部ではフェイスブックが勝っている)の利用者を獲得している。Twitterも同様に重要なモバイルツールになっており、携帯ユーザーの6%(都市部8%、農村部4%)となっている。

最も重要な変化は、農村地域での電子メール増加と、都市部での急成長だ。農村部では携帯電話を初めて利用する人も多く、電子メールの急増が大きな傾向としてあるようだ。また、都市部では09年の10%から、2010年には27%と、その成長率の高さに注目が集まっている。

レポートの中では携帯電話の付加価値機能として、カメラ、日記、ゲームに加えて、FMラジオ、音楽プレイヤーが携帯の5大機能「Big Five」として紹介されている。都市部で75%、農村部で55%のユーザーがカメラ機能を、都市部の53%、農村部で36%が音楽プレイヤーを使っている。また、都市部で54%の人々がゲーム機能を使っているが、それ以上に農村部では63%の人々が使っているようだ。

参照:http://ow.ly/62c7O

3 Responses to 南アフリカ、拡大するモバイルインターネット

  1. 3割の間違いじゃない??

  2. こちらご指摘有難うございます。原文を見る限りはで39%となっているため約4割になりますが、アフリカ関連の情報には、そもそも原文が間違っているケースも少なくないため確認が必要かとは思われます。3割とご指摘されているポイントを、ご教示いただけることは可能でしょうか?当サイト自体がボランティア中心に運営しているため、記事の正確性にご協力いただければ幸いでございます。

  3. gest様

    コメントいただき、ありがとうおございます。
    今回の記事を担当したものです。

    ご指摘いただいた通り、タイトルで引用した4割という数字は誤りでした。
    引用記事では、正確には都市部で約4割(39%)ですので、
    元タイトルの「南アフリカで4割」という表記は誤りでした。

    記事修正させていただきましたので、改めてご確認いただければ幸いです。
    この度はご指摘いただき、誠にありがとうございました!!

    今後ともRising Africaをどうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>