MTNモバイルマネー、ガーナテレコムアワードで栄冠

通信業界の二大巨頭、MTNモバイルマネーとエアテル(Airtel)が、金曜日に行われたガーナテレコムアワード2011での栄冠を獲得した。この2社はそれぞれ三つの賞を獲得した。

MTNはテレコムオペレーター・オブ・ザ・イヤー、ベストモバイルマネーサービスカンパニー・オブ・ザ・イヤーと、MTN財団に対するベストCSR賞の三つの賞を受賞した。一方で、エアテルはベストカスタマーケアカンパニー・オブ・ザ・イヤー、同社CEOに対するベストマーケティングカンパニー、Mr.フィリップ・ソワー・エマージングベストテレコムCEO・オブ・ザ・イヤーの三つの賞を受賞した。

以下、MTNとエアテル以外の受賞企業について紹介。

ボーダフォン(Vodafon)が卸売り(WholeSale)テレコムカンパニー・オブ・ザ・イヤーとザ・ベスト・テレコムブランドの二つの賞を受賞。

ヘイロスタワーズ(Heilos Towers)がベストテレコムインフラストラクチャーカンパニー、エソッコ(Essoko)ガーナホーム・ザ、ベストイノベーティブモバイルプロジェクト・オブ・ザ・イヤー、ベストモバイルコンテンツプロバイダー・オブ・ザ・イヤーの三つの賞を受賞。

サムソン(Sumsung)がモバイルフォン・オブ・ザ・イヤーを、エリクソン(Ericson)がベンダー・オブ・ザ・イヤーをそれぞれ受賞。

スタンダードチャーター銀行(The Standard Charted Bank)が、ベストテレコムファイナンシングバンク・オブ・ザ・イヤーを受賞。

出所:http://mobilemoneyafrica.com/?p=3500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>